BEEFMANキャラクター
BEEFMAN

BEEFMANでは川岸牧場の但馬牛(タジマウシ)を使用しています。

川岸牧場

川岸牧場とは。

約60年前の1950年代、初代川岸貞蔵さんが但馬牛の肥育から牛飼いをスタートさせたのが川岸牧場の始まりです。

その後2代目川岸勲、3代目川岸裕人と継がれ、食肉用但馬牛の保有頭数を広げ、関西でも指折りの牧場へと成長していきました。

現在では「兵庫県の但馬牛の雌」のみ320頭を肥育する牧場で、優秀な但馬牛や神戸牛を数多く輩出しています。
「美しい牛肉」。川岸牧場が考える美しい牛肉とは、見た目のサシ(脂)の入り方だけではなく、消費者が食べたときに、本当に美味しい牛肉のことです。
そこには名人と称される3代目川岸裕人氏の情熱「本物へのこだわり」がありました。

但馬牛とは。

但馬牛となるには非常に厳しい基準が設けられています。
血統→生産→繁殖→肥育→出荷の過程をすべて兵庫県内で行われた牛のみが但馬牛となります。

この但馬牛が格付けされ、神戸ビーフや但馬牛(タジマギュウ)となり、出荷されます。
但馬牛を肥育できるのは「神戸肉流通推進協議会」の登録会員のみで、東京で但馬牛を仕入れるということは極めて困難なことです。

BEEFMANは、川岸牧場と特別契約を結んでおり、東京では入手困難な但馬牛をリーズナブルに楽しんでいただくことができます。

また、但馬牛は全国の黒毛和種の歴史に大きく貢献した牛です。但馬牛の名牛「田尻」号は和牛の大半を占める黒毛和種の血統作りに貢献しました。
現在、全国の黒毛和種の母牛の99.9%はこの「田尻」号の子孫なのです。
松坂牛や近江牛などの素牛にもなっています。
※全国和牛登録教会2012年2月の調査結果

牛表彰状
美しい牛肉

「美しい牛肉」~本物へのこだわり~

「A5」や「霜降り」という言葉が美味しい牛肉の代名詞のように世の中には出回っていますが、果たしてその牛肉は本当に美味しい牛肉なのでしょうか? 答えはNOです。

本当に美味しい牛肉は食べたときの「味」で決まります。
BEEFMANと川岸牧場はこの本物の「味」にこだわっています。
川岸牧場の3代目川岸裕人氏も初めは「サシ」重視の但馬牛(去勢牛)を作っていましたが、自分が作った牛肉の味を不信に思い、12年前から美しく、美味しい牛肉を作るため、牝牛の肥育に切り替えました。

美しく、美味しい牛肉を作るために、仔牛選びから肥育、エサや環境にもとことんこだわっています。
そして何より、一頭に愛情を注ぎ、一頭に惚れ込んで牛を飼っているので、本当に美味しい牛肉が完成するのです。

牝牛のみを肥育している川岸牧場では、この美しい牛肉を出荷する際に「嫁入り」という言葉を使います。
BEEFMANは最高に美しい牝牛の披露宴の会場となるのです。

BEEFMANストーリー ~BEEFMANの誕生秘話と「絆」~

岡本氏と川岸氏の「絆」
二人の出会いは高校時代に遡る。
高校野球の名門岡山理大付属高校の野球部に所属していた。

岡本氏は川岸氏の1つ上の学年で、寮生活では同部屋であった。

グランドでは同じ投手として日々汗を流した。夜遅くまで行われる練習、上下関係や厳しい寮の規則、連日行われる説教で寮を脱出する人間が多い中、2人とも3年間耐え抜いた。

岡本氏は、高校卒業後プロ野球の世界に入り、日本球界やメキシコ、アメリカなどで10年間プレーした。

川岸氏は大学で野球をした後、実家の家業に入るため6年間、上京し修業した。
一時は別々の道へ進んだ二人ではあったが、岡本氏の野球引退後、十数年の時を経て、再びタッグを組むことになる。

岡本氏と川岸氏トロフィー

BEEFMANのコースメニュー

BEEFMANでは3種類のコースをご用意しました。 こだわり抜いた但馬牛には部位それぞれの味の魅力があります。
その魅力をとことん堪能していただくために、まずは基本となるコースをお選びください。
ビーフマンではコース料理をオーダーされたお客様にはサンチュを無料で提供しています。

5000円コース

BEEFMANのスタンダードとなるコースです。
  • ・前菜3種
  • ・焼き海苔
  • ・サラダ
  • ・タン塩
  • ・焼き野菜
  • ・厳選焼肉5種
  • ・焼きしゃぶ
  • ・マッスルホルモン
  • ・BEEFMANカレー or ソーメン

8000円コース

赤身、霜降り、希少部位などバランスよく堪能できるBEEFMANおすすめのコースです。
  • ・前菜3種
  • ・焼き海苔
  • ・サラダ
  • ・焼き野菜
  • ・上タン塩
  • ・厳選上焼肉5種
  • ・焼きしゃぶ
  • ・マッスルホルモン
  • ・BEEFMANカレー or ソーメン

10,000円コース

BEEFMANと川岸牧場が贈る極上のフルパッケージ。
但馬牛のすべてをご堪能くださいませ。
  • ・前菜3種
  • ・焼き海苔
  • ・サラダ
  • ・焼き野菜
  • ・極上タン塩
  • ・厳選極上焼肉5種
  • ・本日のプレミアム肉
  • ・焼きしゃぶ
  • ・マッスルホルモン
  • ・BEEFMANカレー or ソーメン

お飲みもの

ソフトドリンクからシャンパンまで、お客様のご希望にお応えできるよう努力しております。
希少なお酒は品切れの際がございますので、スタッフまでお問い合わせください。

ビール
アサヒスーパードライ 中瓶 680円
生ビール グラス小 580円
  グラス大 650円
アサヒドライゼロ ノンアルコール 580円
焼酎
黒霧島(芋) グラス 500円
  ボトル720ml 4,000円
蔵の師魂(芋) グラス 600円
  ボトル720ml 5,000円
富乃宝山 グラス 600円
  ボトル720ml 5,000円
二階堂(麦) グラス 500円
  ボトル720ml 4,000円
てげてげ グラス 600円
  ボトル720ml 5,000円
ワイン
グラス(赤・白) 600円
ブルカヌス・カベルネ・ソーヴィニヨン(赤) 3,500円
クベル・レペレシオン(赤) 4,800円
ロッソ・ディ・モンタルチーノ(赤) 7,000円
ラ・クエルチェ(赤) 8,000円
コルダイア(赤) 12,000円
オーパスワン(赤) 50,000円
ソーヴィニヨンブラン(白) 3,000円
ポデーレ・サッサイエ(白) 5,000円
グレト・アッラ・マッキア(白) 10,000円
サワー・ハイボール
生レモンサワー 550円
生グレープフルーツサワー 550円
クエン酸サワー 550円
ウーロンハイ 550円
緑茶ハイ 550円
ジャスミンハイ 550円
ハイボール 550円
焼酎
あらごし梅酒 600円
ゆず梅酒 600円
紅茶梅酒 600円
シャンパン
モエ・エ・シャンドン ブリュット・アンペリアル 9,000円
ヴーヴ・クリコ・イエロー・ラベル・ブリュット 13,000円
ドン・ペリニヨン 35,000円
ソフトドリンク
コーラ・ジンジャーエール・クエン酸ソーダ・ウーロン茶・緑茶
・ジャスミン茶・オレンジジュース・グレープフルーツジュース
各 400円

アクセス

都営大江戸線 六本木駅(7番出口)徒歩2分
地下鉄日比谷線 六本木駅(4b出口)徒歩2分

お問合わせ

ご予約、お問合せは以下までお願いいたします。
〒106-0032 東京都港区六本木7-16-5 1F
電話:03-5785-2082

© BEEFMAN.